ゲス不倫は昔から存在してた 不倫報道のあった女優まとめ

NO IMAGE

ゲス不倫の歴史は今に始まったことならず。芸能界でもゲス不倫はずっと横行しています。

美しい女優さんなのになんで不倫なんてするの?と思う人も不倫していました。自らに夫がいながらも不倫してしまった女優や、妻子持ちの男性と不倫関係に陥った女優たち。不倫報道のあった女優をまとめました。

藤吉久美子

Advertisement
夫:太川陽介(俳優)
不倫相手:朝日放送のプロデューサー
不倫時期:2017年12月

ここ数年、藤吉久美子は不倫相手が担当する2時間ドラマに出演していた。2017年11月に宮崎県都城市で開催されたお祭りの日に2人が同じホテルに宿泊し、プロデューサーが藤吉久美子の部屋で朝まで過ごした

不倫報道が出た翌日、藤吉久美子は報道陣に対し「(男女の関係では)ない」ときっぱり否定。「体をほぐしてもらっていた」と説明。そんなバカなと思った視聴者も大勢いたことでしょう。終始泣いていた藤吉久美子が印象に残った会見。

太川陽介は藤吉久美子をかばい、「誰が聞いたってクロだから・・・だけど俺が守るから。これで終わり。」と男気のある発言。

藤吉久美子は精神的なショックがあるとして、しばらく活動休止。

広末涼子

夫:キャンドルジュン
不倫相手:佐藤健
不倫時期:2014年

2010年に放送された大河ドラマ『龍馬伝』で共演した広末涼子と佐藤健。佐藤健は広末涼子より9歳年下。

広末涼子にはキャンドルジュンという2人目の旦那がいたが、仕事で全国各地を飛び回る旦那不在時に、佐藤健の住むマンションで密会していたという不倫報道。

佐藤健 ( Satoh Takeru )さん(@satotakeruid)がシェアした投稿

広末涼子は不倫報道を否定。友達の住むマンションがたまたま佐藤健と一緒だったと説明。佐藤健が住んでいることも知らなかったそう。友達が住むマンションの可能性は否定しないけど、子供がいる人妻が旦那不在時に一泊するかね?

その後も、目黒のカップル向け岩盤浴で広末涼子と佐藤健が岩盤浴デートをしていたという報道もあり。広末涼子は特に離婚せず、2人の関係は終了したと思われる。

夏目雅子

夫:なし
不倫相手:伊集院静
不倫時期:1977年〜1980年

27歳という若さで亡くなったとても美しい女優、夏目雅子。夏目雅子も不倫していたことで有名。

夏目雅子が20歳の時ブレイクしたCMがあった。そのCMディレクターを務めていたのが、後の直木賞作家の伊集院静。伊集院静はこの時26歳で、結婚して子供もいた。しかし、2人の関係は盛り上がり3年にも及ぶ不倫が続いた。

伊集院静は離婚した後、4年間の交際期間を経て1984年に結婚。夏目雅子と伊集院静の交際は、合計7年にも及んだ。この7年の間に夏目雅子は伊集院静の子供を何度か妊娠していたらしい。

不倫略奪の上結婚した夏目雅子だったが、結婚からわずか1年後の1985年に永眠。

伊集院静は女性に手を出すのが早い男性だったようで、夏目雅子と交際中、女優の桃井かおりと二股をかけていたという噂もあった。

樋口可南子

夫:不倫報道当時はなし、現在は糸井重里
不倫相手:糸井重里
不倫時期:1982年〜1993年

樋口可南子は糸井重里と10年にも及ぶ不倫の末に結婚した。樋口可南子と糸井重里が不倫関係になった時、糸井重里は最初の妻と結婚してまだ1年しか経っていなかった。

糸井重里は樋口可南子との不倫が明るみになったのは1982年。ホテルで2人が密会しているところをスクープされた。糸井重里は不倫を認め、妻も不倫を「仕事の一環」と容認していると発言。

樋口可南子は「妻子ある人を好きになったんじゃありません。その人にたまたま家族があっただけです。」と発言。

葉月里緒奈

夫:なし
不倫相手:真田広之(妻:手塚理美)
不倫時期:1995年

Rionaさん(@riona_hazuki)がシェアした投稿

葉月里緒奈は1995年に映画『写楽』で共演した真田広之との密会現場が週刊誌で撮られ、不倫が発覚。真田広之が撮影していたフィリピンまで葉月里緒奈が追っかけて行ったのだとか。

葉月里緒奈は雑誌のインタビューで、「恋愛相手に奥さんがいても平気」と開き直った発言をした。

真田広之の当時の妻は手塚理美で、第二子を妊娠中。1995年7月に2人は別居に。その1年半後の1997年には離婚。2人の子供の親権は手塚理美が持っている。

手塚理美と真田広之を離婚させ、さらに「私が家庭を壊したのではなく、私が出会った時にはすでに壊れていた」と開き直り発言をした葉月里緒奈は「魔性の女」とバッシングを受ける。

岡本綾

夫:(不倫報道当時は)なし
不倫相手:中村獅童(妻:竹内結子)
不倫報道時期:2006年

中村獅童が飲酒運転と信号無視で捕まった時、岡本綾が助手席に乗っていた。当時中村獅童の妻は女優の竹内結子。岡本綾は中村獅童と不倫していたとされる。

中村獅童と竹内結子はこれが原因で離婚したとされており、岡本綾はバッシングの対象に。翌年女優業を引退して、オーストラリアへ。現在はオーストラリア人と結婚。

尾野真千子

Advertisement
夫:なし
不倫相手:ほっしゃん
不倫報道時期:2012年

尾野真千子とほっしゃんは、2011年に尾野真千子が主演したNHKの朝ドラ『カーネーション』で共演。2012年の6月に深夜に相合傘で歩いていたところを週刊誌にスクープされる。

2人は本当に仲が良いだけと不倫を否定していたが、2016年9月に今度は一緒に熱海に温泉旅行しているところを週刊誌にスクープされる。

尾野真千子は俳優の高橋一生と交際しているとされていたが、ほっしゃんとの不倫報道前後で破局。ほっしゃんは5歳年下の妻と子供がいたが、2007年に離婚。

中谷美紀

夫:なし
不倫相手:渡部篤郎(妻:RIKACO)
不倫時期:2000年〜2015年

中谷美紀と渡部篤郎は1999年に放送されたドラマ『ケイゾク』で出会った後、2000年から不倫が始まったとされる。この時、渡部篤郎はタレントのRIKACOと結婚していたが5年後の2005年に離婚。

離婚した当初は価値観の違いが離婚の原因と言っていた2人だったが、離婚から3年後にRIKACOが「元旦那はみんなが知っている女優さんに取られちゃった」と発言。

渡部篤郎がRIKACOと離婚した後、中谷美紀との10年交際が続いていたが、2015年夏頃に渡部篤郎の浮気が報道されて結局破局。2016年に渡部篤郎は別の女性と再婚。

高橋由美子

夫:なし
不倫相手:ファンの男性
不倫時期:2018年

2018年3月、40代の男性とお酒を飲んだ高橋由美子は、そのまま歌舞伎町のラブホテルへ消えていった。2人がホテルから出てきたのは翌日の昼過ぎ。この日以外も2人は深夜まで飲み歩いていた。

この40代男性は、2017年に飲み屋で高橋由美子と知り合う。もともと高橋由美子の大ファンだった男性はとても喜んだそう。男性には妻と子供がいたが、妻に「高橋さんに告白を受け入れてもらったので、離婚の話を進めたい」と言ったそうです。

高橋由美子は「奥さんと話し合ってきてください」と男性に離婚を促したともされているが、交際の質問に関しては「飲み友達です」と否定。男性とラブホテルに入ったことについては、「それがお付き合いしていることになりますか?」と反論。

後日、高橋由美子から「理性を欠いた時間を過ごしてしまった」「軽率すぎた行動は非難されて然るべきであります。」と正式コメントの発表。

高橋由美子は2018年4月30日で事務所との契約が終了となり、事実上解雇。

小泉今日子

夫:なし
不倫相手:豊原功補
不倫時期:2015年〜2018年

事務所から独立する話と合わせて、急に妻子ある俳優、豊原功補との不倫を自ら暴露して話題になった小泉今日子。しかし、不倫関係は2015年頃からスクープされていて、ある意味周知の事実ではあった。

豊原功補は家族と別居していると報じられているが、離婚協議中については否定。「いろいろな選択肢を模索中」と回答を濁した。

斉藤由貴

夫:なし
不倫相手:50代開業医
不倫時期:2017年

2017年に週刊誌「FLASH」で50代の医師とキスしている写真が報道される。さらに、斉藤由貴のものと思われるパンティーを50代医師がかぶっている姿も掲載され、斉藤由貴は渦中の人となった。

当初は「家族ぐるみでお世話になっている主治医」と不倫関係を否定していた斉藤由貴。しかし、後日FAXで「お相手の男性に、女優としても、女性としても、頼りすぎてしまいました。でも、もう、終わりにしました。」と不倫関係にあったことを認めた。

斉藤由貴は出演予定だった大河ドラマ『西郷どん」』への出演を自ら辞退。

川島海荷

夫:なし
不倫相手:TBSテレビ制作局ドラマ制作部の社員
不倫時期:2017年

川島海荷さん(@umika_kawashima)がシェアした投稿

2017年10月に週刊誌「FLASH」で、川島海荷とTBSの40代社員の不倫が報道された。川島海荷にはこれまでスキャンダルがなかったため、初のスキャンダル。

相手のTBS社員は既婚者だが、川島海荷とこの男性はレストランで食事した後、手をつないで2軒目へ移動。

川島海荷は相手の男性について、「たまに相談に乗ってもらったり」「ちょっと私が酔っ払っていて、フラフラだった」と不倫については否定。現在は彼氏がいないと発言している。

芸能人カテゴリの最新記事