「龍神社」、狭山池にある祠。大蛇・龍伝説がある神社です。

狭山池の中にある「祠」気になりますよね?

あの祠は、神社でその名も「龍神社(りゅうじんじゃ)」です。

龍神社について調べてみました。

狭山池にある神社、「龍神社(りゅうじんじゃ)」とは?

狭山池の鳥居の向こうにある石垣の上にある祠が「龍神社」です。

御祭神は、

  • 水波能売命【みずはのめのみこと】
  • 天水分神【あめのみくまりのかみ】
  • 国水分神【くにのみくまりのかみ】

です。

龍神社の管理は、狭山神社さんが行っておられるそうです。

龍神社の所在地)
大阪府大阪狭山市岩室2439-1 (狭山池の中)

駐車場)
北堤駐車場が一番近いです。

最寄駅)
南海電鉄高野線の大阪狭山市駅か、狭山駅

龍神社の前にある「龍神淵」とは?

「龍神淵」とは、龍神社の前にあるすり鉢状の穴になります。

普段は池底にあり見えません。

11月から2月に行われる狭山池の池干し際に見られます。

直径が約27メートル、深さが約5メートルもあるそうです。

狭山池の水が減っても、龍神のために水が残るようにと掘られた穴だそうです。

「龍神社(りゅうじんじゃ)」についての参考サイト

関連記事