狭山池の遊歩道、どうして途中で階段で降りるようになってるの?

行き止まりになっている狭山池の遊歩道

狭山池の遊歩道は、反時計回りに散歩していると、「さやか公園」を過ぎたあたりで行き止まりになります。

大阪府の管理用道路だからだそうですが、狭山池の利用者からは一般利用者への開放の要望が出ているようです。

金剛コミュニティさんの2月11日号(1505号)の記事によると

 一部閉鎖が続く狭山池周回路について大阪狭山市は、住民の理解が得られないため全面開放は困難と、改めて見解を示した。

(中略)

その折、近隣地区の住民のプライバシーを侵す恐れがあるなどの理由で、北東部の一部を閉鎖。代替として遊歩道橋を池の上にカギ形に渡し、迂回路とした。その状態が20年近く続いている。市民の多くは開放を望んでいる。

(中略)

一般開放に対する近隣住民の理解が得られないため、通行止めの解除は困難という。

ということで、全面開放は中々難しいようですね。

市議会での質問内容は、議会だより213号で閲覧可能です。