足裏のウオノメ、タコ、外反母趾でお悩みの大阪狭山市の方が痛み無く歩ける様になりました。

大阪の外反母趾・足の名医、南花台田辺整骨院・整体院さんの外反母趾改善の事例です。

大阪狭山市で魚の目、タコ、外反母趾でお悩みだった方が、痛み無く歩けるようになったそうです。

どんな状況だったかご紹介いたします。

大阪狭山市にお住まいの49歳主婦の方のお悩み

20代のころから20年以上、足裏のタコ、ウオノメでお悩み。

皮膚科の病院に行っては、削ってもらっていたとのことでした。

痛くなったら削っての繰り返し・・・。

もうずっとウオノメ、タコと付き合って生きていくしかないのかな・・・と思っていたそうです。

週に2、3回はスポーツクラブへ

週に2、3回はスポーツクラブへ行き、マシンを使ったウォーキングも頑張っておられました。

ただ、

歩く時だけでなく、じっと敷いてるときにも痛み出し

このままではダメだ、ということで、南花台田辺整骨院・整体院さんに相談しに行かれました。

最初の外反母趾の状態

大阪狭山市で外反母趾・魚の目・タコ、坐骨神経痛・腰痛・ヘルニアでお悩みの方の足

初診時の足の状態

最初の状態ですが、画像の黄色い〇の部分、

左右の足の親指付近に大きく分厚いタコ、

また、左足の小指の付け根に

硬い芯(しん)を持った魚の目

がありました。

外反母趾の足に痛みは無かったのですが、20代の頃から足の形は気になっていた、ということです。

そのほかに、

ヘルニア、腰痛、坐骨神経痛

なども患(わずらって)っておられました。

これらも整骨院・整体院・整形外科に通院されたようですが、治らなかったそうです。

足の問題は、姿勢の問題

いろいろな足の問題を抱えていた大阪狭山市の女性。

「足の指に問題がある」と思っておられたようですが、本当は、

姿勢

に問題があったのです。

外反母趾のお悩み相談で最初に姿勢分析した画像です。

足の問題の根本的な原因は「姿勢」だった大阪狭山市の女性

足の問題の根本的な原因は「姿勢」

「自然に立ってください」とお声掛けして立って頂きました。

後ろから見ると、右肩が下がっているため、右足に余計に体重が乗っています。

また、横から見ると、踵(かかと)に体重が乗らず前足が踏ん張っている状態

これが、

親指の付け根にタコができる原因

になっていました。

足は、前に重心がかかるので上半身が後ろへ

足は前に重心が掛かっているので、そのままでは前のめりでこけてしまいます。

コケないために、上半身が無理に後ろに。

これが、

ヘルニア、腰痛、坐骨神経痛

の原因なんですね。

また、足の重心のかけ方が外反母趾の原因でもありました。

外反母趾のお悩み相談後は、みるみる改善

外反母趾のお悩み相談で、根本的な原因をつかんだあとは、みるみる改善されたそうです。

2回目の来院の時には、

足のタコも魚の目も痛みを感じません。

3回目の来院の時には、

足のタコも魚の目も柔らかくなってきたように感じます!

4回目の来院時には、

腰の痛みも坐骨神経痛の痛みも感じなくなっています

となり、最終的には、

外反母趾、魚の目、タコ、ヘルニア、腰痛、坐骨神経痛

からも卒業されました。

外反母趾、魚の目、タコ、ヘルニア、腰痛、坐骨神経痛から卒業された大阪狭山市の女性

タコも魚の目もないキレイな足に

病院やフットサロンでは、どうして根本的な治療をしてくれなかったの?

こちらの女性、卒業時にこんなことを言っておられたそうです。

病院の先生やフットサロンでも、足裏のタコを削るだけでなく田邊先生のように、

 【どうすればそれが出来なくなるのか】

を教えてくれれば良かったんですけどね・・・。

でもそうすると来なくなっちゃって、儲からないから教えてくれないんですかね(笑)

さすがに「儲けのために治さない」なんてことは無いと思いますが(笑)、

「姿勢」という根本的な原因

を見つけられないのかもしれません。

「足の形がおかしいから整形する」
「タコがあるから、削る」
「魚の目があるから、薬でなくす」

ではなく、南花台田辺整骨院・整体院さんの外反母趾のお悩み相談は、

根本的に治すにはどうしたらよいか?

を調べてくださいます。

もしあなたもお悩みなら、南花台田辺整骨院・整体院さんで、魚の目、タコと一緒の生活から抜け出しませんか?

大阪狭山市からも車で20分。外反母趾の個別相談の詳細は、こちら

関連記事

最近のキニナル情報