遺伝と思っていた外反母趾が治った、羽曳野市の女性保育士さん。遺伝とあきらめるのは早いです。

親も外反母趾だから、子供の自分にも遺伝したんだ・・・と思っておられた羽曳野市の女性。

南大阪No1の外反母趾の改善事例をお持ちの南花台田辺整骨院・整体院さんで、外反母趾から卒業されました。

遺伝と思っていた外反母趾が治った経緯をご紹介します。

外反母趾は親からの遺伝だと信じ切っていた羽曳野市の女性

両親ともに外反母趾。

なので、自分の外反母趾は、遺伝だから治るのは無理かなと思っておられたそうです。

ただ、外反母趾の部分だけでなく、前足全体が痛むようになり、

「外反母趾は遺伝ではありません、治ります。」

と明言されてる南花台田辺整骨院・整体院さんの

外反母趾の相談

を受けられました。

外反母趾だけではなく、腰痛も

中程度の外反母趾、中足骨骨頭痛症も

中程度の外反母趾、中足骨骨頭痛症も

外反母趾相談を受けられた時に痛むのは足だけでなく、腰痛も。

個別相談で足を精密測定してみると、左右の足ともに、親指の角度が24度を超えており、中程度の外反母趾でした。

また、足を蹴りだす時にも痛みがあり、じっとしていてもうずくような痛み(中足骨骨頭痛症)があったそうです。

個別相談で外反母趾の改善見込を確認し、南花台田辺整骨院・整体院さんでサポートを受けることにされました。

症状は、徐々に楽に

羽曳野市から河内長野の南花台まで外反母趾を治したい一心で通われた女性。

3回目の来院時には、じっとしている時の足の痛みを感じなくなっていました。

そして、

  • 2020年10月23日

に外反母趾のお悩み相談を受けられ、

  • 2021年03月12日に卒業

されました。
(その間、約5か月)

遺伝と思っていた外反母趾が治った羽曳野市の女性

遺伝と思っていた外反母趾が治った羽曳野市の女性の足

卒業時には、左足の親指の角度が18.3度、右足は14.7度に。

正常な角度に治りました。

また、腰痛も無くなりました。

足の問題が腰にまで影響していた、ということなんですね。

外反母趾は遺伝ではなく、治療したら治るもの

親が外反母趾だと、遺伝的要因で外反母趾なのかと思いがちです。

たしかに、

  • 骨格が似る
  • 体の使い方が似ている

ということで、遺伝の確率・要素がゼロではありません。

ただ、この羽曳野市の女性のように

親が外反母趾でも、子供の自分は治る

のです。

遺伝と思うのは、治し方や外反母趾の治療の仕方が判らないためです。

一旦治し方が判ると、外反母趾の再発も予防できます。

あなたも

外反母趾は遺伝だから・・・

とあきらめずに、南花台田辺整骨院・整体院さんで治療してみませんか?

大阪でおそらくNo1の足の専門整体院。外反母趾のお悩み相談の詳細は、こちら

関連記事