外反母趾・内反小趾・モートン病、全部解消。70歳近くになっても「歩き方」の改善でウォーキングを楽しめるようになった女性の事例

つま先の辺りが、ヤケドや、電気が走るような痛みがでる「モートン病」。

何軒かの病院を回っても治らなかった外反母趾・モートン病が、

歩き方を、変えただけ

で、症状が改善されたそうです。

田邊先生の

モートン病が治ったブログ記事

から詳細をご紹介します。

南花台田辺整骨院・整体院さんでは「モートン病」も対応可能

外反母趾の専門整体院、南花台田辺整骨院・整骨院さんでは、「モートン病」にも対応されてます。

足のつま先が焼け付くような痛みが特徴的なモートン病。

これも原因は

歩き方、体のバランスの不具合

なんですね。

普通は、整形外科で神経取ったりする手術が必要と言われます。

モートン病のホントの原因

でも、ホントは、

長年、足の一部に体重が乗る歩き方をしたのが原因

です。

なので、痛まないようにする歩き方をすれば、自然に治ります。

自己流で歩き方を変えても逆効果

ただ、

人のマネしても逆効果

になる場合があります。

1人1人違う

「体と歩き方のクセ」

を分析しないと、

その人の正しい歩き方

は判りません。

南花台田辺整骨院・整体院さんでは、体や足の状態を、

精密機械や姿勢分析器を使って正確に計測

してくれます。
 ↓

【キニナル特典付き】モートン病・外反母趾の個別相談

モートン病が治った方の状況

今回の方は、外反母趾専門の病院や、東京の有名な病院にも通われたそうです。

ただ、どこもインソールや、サポーターを処方されるだけ。

一向に改善しなかったそうです。

色々情報を探していたところ、

南花台田辺整骨院・整体院さんの評判

を聞き、相談にいかれたようです。

最初の足の状態は?

モートン病の足、ここから歩き方を変えて大幅改善

モートン病だった足

南河内では少ない精密機械で測ると、外反母趾は、

左足が、23.9度
右足が、26.4度

と、中程度に分類される状態でした。

以前に足の小指を骨折された経験がおありです。

その影響もあって、左足の小指の角度は24.4度。

重度の内反小趾の状態でした。

この方は、南河内郡太子町から、

  • 外反母趾
  • 内反小趾
  • モートン病
  • 中足骨骨頭痛症

を治したい一心で、車で通院されました。

歩き方を変えて4か月。足の状態が大幅改善

外反母趾、内反小趾、モートン病が解消した足

モートン病が解消

この方、最初に足の状態、体のバランスを確認して、歩き方を変えたところ、

4カ月で、足の状態が大幅改善

しました。

左足が、23.9度 → 15.9度(-8度)
右足が、26.4度 → 17.9度(-8.5度)

そして、モートン病や、中足骨骨頭痛症、外反母趾の痛みは無くなりました。

「健康のため・・・」と思ってやっていた

ウォーキングが、悪化させる原因

と知れてお喜びだったそうです。

歩き方が原因なので、悪い形で歩くのは、悪化させるだけですよね。

外反母趾の方が、ウォーキングするなら、まずは歩き方を変えましょう。

歩き方を変えるには、まず今の足の状態調べから

モートン病、内反小趾、外反母趾など足のトラブルは、歩き方を変えると治ります。

ただ、どうムリなく変えるか?は

個人ごとに違う

ので、

今の足と姿勢

南花台田辺整骨院・整体院さんの個別相談

で詳しく調べてもらってください。

歩き方を変えると痛みは、その日からやわらぎます。
特典付き個別相談を予約する

関連記事